likes.

私ってダサい!?ファッションセンスがない女性の7つの特徴と解決策

「私ってファッションセンスないのかな?」
「ファッションセンス磨くためにはどうすればいいんだろうか…」

気になる男性と出かける前日や普段の通学・通勤でどんなコーデにしたら良いか分からず悩んだことはありませんか?

ファッション雑誌やネットで調べても、着るのは自分で結局どの服を着るとよいかわからないものです。

正直ファッションは人それぞれ似合うものは違い、自分に似合ったファッションをすることが一番です。

ファッションセンスがない人の7つの特徴

ファッションセンスを磨くためには、まずどんな服装がダサく見えてしまうのか理解することが大切です。

実際にどのような服装が、ダサい印象を招いてしまうのかを紹介していきます。

 

  1. 服がヨレヨレ
  2. 少し前のトレンドアイテム
  3. 統一感がない
  4. コンプレックスを気にしすぎている
  5. 年齢に合っていない
  6. 個性を出しすぎている

    1.服がヨレヨレ

    おしゃれな服装は、大前提として“清潔感”がベースとしてあります。

    毛玉がついている、素材がくたびれてしまっているなど“ヨレヨレ”の洋服を着るとダサく見えてしまい、清潔感のない人という印象になってしまいがちです。

    また、髪や靴、鞄を清潔に保ち綺麗に見せることもことも大切です。

    2.シルエットやバランスがおかしい

    細身のパンツを無理して履いている、トップス・ボトムスで合わない柄物の服を着ているなど、自分の体型に合った洋服を着ていなかったり上下のバランスが悪いと何だかチグハグでダサいイメージに繋がりやすくなります。

    脚の太さがコンプレックスの方は足首だけを見せたり、低身長の方はダボっとしたボトムスを履かないなど、まずは自分のスタイルにマッチしたシンプルな格好を心がけましょう。

    3.少し前のトレンドアイテム

    流行は日々進化します。自分のお気に入りの一着だからと甘んじていると「あの人、何だか古くさい」といった印象に。

    数年前まで流行していたスカートの下にトレンカを履くコーデや花柄パンツなどが古くさいと思われる代表的な例です。

    トレンカを履いた女性

    4.統一感がない

    ファッションアイテムやコーディネートは「キレイ系」や「大人カジュアル系」など、基本テイスト別に分かれています。

    そのため、単体で見るとおしゃれなトレンドアイテムでも、異なるテイスト同士を合わせた結果、ダサいコーデに仕上がってしまうことがあるのです。

    また、色使いも組み合わせを一歩間違えたり、赤や緑の原色を多用してしまうと、ダサいコーデになってしまいます。

    秋服でよく見かけるカーキやくすんだ黄色を春に着用してしまうのも季節感がなくダサく見えがちです。

    色合いで悩んだ場合は、白や黒、グレーに頼ってモノトーンコーデなども参考にしてみましょう。

    5.コンプレックスを気にしすぎている

    人は誰でも身体に1つはコンプレックスを抱えているもの。

    ですが、例えば、ヒップが大きいことを気にしている女性が、ヒップを隠そうといつもチュニック丈のトップスを着ていると、「あの人いつも同じ服を着ている」という印象を抱かれてしまうのです。

    いつも同じ服を着ている=ファッションセンスがないイメージに繋がります。

    6.年齢に合っていない

    女性はいくつになっても、かわいいものが好きですよね。

    でも若い頃と変わらない好みばかり優先していては、だんだん実年齢とのギャップが生まれてきます。

    結果、リボンやピンクなど、かわいい洋服ばかり着ていると「若づくり」している印象に。

    また逆も然りです。落ち着いた色が好きだからといって、若いうちからベージュや黒ばかり着ていると“老けた”印象に見られてしまいます。
     

    7.個性を出しすぎている

    個性がある=おしゃれと理解している方も多いかもしれませんが、あまり奇抜な服装をしていると、おしゃれを通り越して“ダサい”印象を生んでしまいます。

    一言でお伝えするのは難しいですが、街で浮かない、一緒にいる人が恥ずかしくない、周りが見ておかしくない節度を守った服装であることが一つの基準です。

    個性を出したい初心者の方はまず小物から挑戦してみてはいかがでしょうか。

    ファッションセンスを身につける3つの方法

    おしゃれになるためにはファッションセンスない人がセンスを磨くことが必須。
    それではどうすればセンスを磨けるのか見ていきましょう。

    1.とにかく試着をしてみる

    先ほどのおしゃれ女子の特徴でご説明したとおり、試着をしてトライ&エラーを繰り返すことで、自分に似合う洋服が見えてきます。

    とにかく気になった洋服は、まず試着をしてみること。マネキンやショップスタッフさんが着ている姿と、自分が着てみたときを比べてのサイズ感や丈感などのギャップを感じることも大切です。

    自分が着てみた姿を想像した上で、実際に着た自分を見て感じたギャップを覚えておきましょう。

    試着を繰り返していくうちに、だんだんとそのギャップが埋まる瞬間があります。

    そうすると、自分に似合う洋服が感覚でわかってくるようになります。

    2.おしゃれな人やファッションを参考にする

    ファッションセンスない人がセンスを磨く方法として、有効なのがおしゃれな人やファッションを見て参考にすること。

    例えば住む環境に関係なく、おしゃれを学べるファッション雑誌。最近ではおしゃれな人のInstagramをチェックするのも定番の情報収集ですね。

    配色パターンや全体のバランスの取り方、最新のトレンドアイテムなど、すぐ使えるテクニックや情報を学ぶことができます。

    3.第三者の目線でコーディネートしてもらう

    自分に似合う洋服を見極めるために有効なのは、第三者の目線。
    自分では気づかない点を指摘してもらえるから、ファッションセンスを効率よく磨けます。

    (1)友人にコーディネートしてもらう

    ショッピングに行く際、服屋で試着したら友人に見てもらいましょう。

    この場合、重要なのは友人との信頼関係。取り繕って「似合ってるね」という友人ではなく、本音で「似合わない」と言ってくれる友人に見てもらう必要があります。

    (2)コーディネート代行サービスを利用する

    最近ではメジャーになりつつあるコーディネート代行サービス。

    スタイリングに慣れたファッションのプロがコーディネートを組んでくれるため、自分に似合う洋服を的確に選んでもらえます。

    また選んでもらった洋服に対し、着こなしのポイントや選定した基準をスタイリストから聞くことで、次回の買い物の参考にすることができるので、実践的にファッションセンスを磨けます。

    自分に似合う服をプロに無料で選んでもらえる!?

    ファッションセンスない人がセンスを磨く方法として、コーディネート代行サービスを利用することがどれほど実践的な方法か、知ることができました。

    そこでおすすめなのが理想的にファッションセンスを磨けるサービス「pickss(ピックス)」です。
    体型や自分の好みなど、登録時に入力したデータを基に、プロのスタイリストが自分に似合う洋服を選んでくれます。

    さらに商品は自宅に届くうえ、購入するのは気に入ったアイテムだけでOK。

    試着をして納得した1着だけを購入することもできるので、お買い物で失敗することがありません。

    客観的にプロの目線で選んでもらった洋服は、きっと新しい発見があるはず。

    繰り返しサービスを利用すれば、実践的にファッションセンスを磨くことができます。

    pickssについて詳しく見てみる

    【まとめ】ファッションセンスがない人は、自分に似合う服装を見つけよう

    • ファッションセンスがあるかどうかは自分に似合う服装かどうかで決まる
    • 自分に似合う服装を見つける3つの方法

    (1)とにかく試着してみる
    (2)おしゃれな人のファッションを参考にする
    (3)第三者の目線でコーディネートしてもらう

    • コーディネート代行サービス「pickss」は、自分に似合った服装を見つけるための手段

    ファッションセンスない人がセンスを磨くために、まずはダサく見える服装の特徴を覚え、おしゃれな人やファッション誌を見て刺激をもらいましょう。

    その後は試着を繰り返して、自分に本当に似合う服を見つけましょう。それを続ければ、必ずファッションセンスも磨かれるはずです。

    それでも自分でセンスを磨くのは何だか自信が持てない、客観的な目線で確かにセンスを磨きたいという方は「pickss」で、プロの手を借りてみてはいかがでしょうか?

    pickssを見てみる

    TOP