likes.

【見た目痩せ】マッサージとファッションで簡単で確実に実現する方法

「痩せて見られたい」
「体重は落ちるけど見た目に変化がない」

ダイエットやスタイルに関する悩みは女性なら誰しも抱えているもの。

今回は「何をしたら痩せて見えるか?」というところにポイントをおき、マッサージやファッションなどのテーマで解説していきたいと思います。あなたに合った方法を見つけてください。

見た目痩せする為の小顔エクササイズ

顔の輪郭がシャープになるだけで、痩せている印象に繋がります。

痩せている=小顔をつくるためには、顔の筋肉である“表情筋”を鍛えることが必要です。

表情筋が十分に使われていないと、顔のリンパの流れが悪くなり老廃物が溜まってむくみが生じたり、新陳代謝が低下したりして顔に脂肪がつきやすくなります。小顔エクササイズで表情筋を鍛えることにより、キュッと引き締まった“小顔”を目指すことができます。

今回は推奨する専門家が多い「あいうえお体操」をご紹介します。

  1. 「あ」口を縦に大きく開けながら上を向く
  2. 「い」横いっぱいに口を広げる
  3. 「う」口をすぼめて前に突き出す
  4. 「え」横に口を広げて口角を上げる
  5. 「お」口を縦長に開き両ほほを凹ませる

各ポーズは5秒ほどキープ。これを毎日2〜3回繰り返します

口まわりを積極的に動かすことで、表情筋が鍛えられ、やせたように見えるすっきりとした小顔を目指せます。

見た目痩せには、足のむくみ解消が効果的である

小顔同様、すらっとした美脚も痩せて見えるポイントです。

足は全身の中でも一番、むくみを感じやすいパーツなのです。むくんでいると、体重以上に太って見える可能性があり、さらにむくみを放置してしまうと、老廃物が溜まり、憎きセルライトに繋がってしまいます。

では、むくみを解消するにはどのような方法が効果的なのでしょうか?

むくみの原因になる2つの行動

むくみの原因はさまざまです。

主な原因として、デスクワークなどずっと同じ姿勢を続けることで血流が滞ること、冷房などによる冷えや締めつけの強い服や靴などで血行が妨げられることがあげられます。

見た目痩せするためにむくみをなくすにはマッサージが効果的である

血流が滞ることで引き起こるむくみ。マッサージでリンパの流れを正常に戻すことで、むくみをすっきり取り除くことができます。

具体的には足首から膝まで、膝からもものつけ根までゆっくりとさすり上げるようにマッサージをします。ボディクリームやオイルを使うと滑りやすく、マッサージしやすいのでおすすめです。

またマッサージをする前に、お風呂で湯船に浸かって脚全体をもみほぐすのも効果的です。日頃から着圧ストッキングなどを着用して、むくみ防止を心がけることも大切です。

見た目痩せには代謝の改善

見た目痩せの共通の特徴として、代謝がよいことがあげられます。代謝がよい=消費カロリーが高いため、同じメニューの食事を摂っても太りにくく、体型を維持しやすくなります。それでは代謝をよくするためには、具体的にどうすればよいのでしょうか?

【方法1】身体を冷やすことは極力避ける

人は体温が下がると、自動的に基礎代謝も合わせて低くなります。そのため、まずは身体を冷やさないよう努めることが大切です。氷を入れた冷たい飲み物やアイスを頻繁に摂らないようにしましょう。またカフェインの摂りすぎは身体を冷やすことに繋がるので注意が必要です。

【方法2】カラダの血流を正常に保つ

身体が固い、あるいはむくんでいる状態だと筋肉が硬直し、血流が悪くなります。

血流が悪くなる=代謝が上がりにくい身体になってしまうため、やせる体づくりのためには血流改善のマッサージやストレッチが大切です。

スムーズな血流をつくるのに必須な下半身の筋肉をストレッチでほぐし、スクワットなどの筋力トレーニングで、上半身へ血液を送り返しやすい身体づくりをしましょう。

ご紹介した以外にも、食事やサプリメントなどで基礎代謝が上がる成分を摂取するといった方法もあります。

【ポイント】コーディネートで抜群の見た目痩せテクニック

最も簡単で見た目痩せ効果を感じられる方法の一つとして、“ファッションで細見え”するコーデをご紹介していきます。

【見た目痩せテクニック1】収縮色である濃いカラーを着る

白やパステルカラーが膨張して見えるのと、反対に、引き締まって見える効果のある色があります。ずばり黒やネイビー、ダークブラウンなどの濃いカラーです。

先ほどご紹介した通り、脚が細く見えるとより痩せて見える効果が高いので、ボトムスで収縮色を取り入れると、見た目やせの着こなしがかないます。

【見た目痩せテクニック2】ラインが出やすい、肉感を拾いやすい服は着ない

たとえば脚のラインが出やすいスキニーデニム。気になる脚の太さなどがそのまま出るので、細く見せようと細身のボトムスを履くと、逆効果になってしまいます。

また肉感を拾いやすい素材の洋服にも注意。ボディラインにぴったりと沿った、伸縮性のある素材などは、贅肉まで拾ってしまうので避けるのがベターです。

【見た目痩せテクニック3】全身にメリハリをつける

コーディネートが平坦な印象だと、体型に目がいきやすいため、Sカーブの女性らしさを感じるボディラインを演出する着こなしを意識しましょう。

たとえば今年トレンドのウエストリボンのワンピースやボトムスです。ウエストリボンをキュッと結ぶことで自然とウエストが引き締まって見え、全身のバランスがぐっとよくなります

プロのスタイリストが悩みに合わせて洋服を選んでくれる「pickss」の紹介

見た目痩せに効果的な方法や細見えのスタイリング術がわかっても、「一から挑戦するのは正直面倒、自分でできるか不安」ですよね。

プロに任せてみてはいかがでしょうか?

「pickss(ピックス)」はプロのスタイリストがファッションコーディネートをしてくれるサービス

会員登録時のデータを基に、自分の体型の悩みに合った洋服を的確に選んでもらえます。

商品は自宅に届くため、店員さんの目が気になって試着しづらい…なんてこともありません。

しかも購入するのは、届いた5点のアイテムのうち、気に入ったものだけでOK。

自宅にいながら失敗のないお買い物ができるなんて理想的ですよね。

pickssをまず見てみる

まとめ|見た目痩せには4つのポイントがある

いかがでしたでしょうか?今回の記事のおさらいをしましょう。

  • 見た目痩せには、4つのポイントがある。
  • 小顔エクササイズには、あいうえお体操が効果的である。
  • 足のむくみをとるためには、マッサージがおすすめ。
  • 代謝をよくすると見た目痩せにすることができる。
  • 痩せて見えるコーディネートは、3つある。
    1.濃い色の服を着る
    2.ラインが出やすい・肉感を拾いやすい服は着ない
    3.全身にメリハリをつける

見た目痩せをかなえるために、ダイエットで押さえたいポイントは、顔と脚です。小顔エクササイズやむくみ対策のマッサージを行い、全身の代謝を上げることで痩せやすく、リバウンドしにくい身体づくりをすることができます。

ですがダイエットの効果は簡単には感じることができないです。

細見え効果のあるアイテムやコーディネートを駆使すること・適度な運動を行うことで、即スタイルUPがかなえられます。

自分のファッションセンスに自信がない、一からアイテムを探す労力が面倒と感じる方は「pickss」で細見えする理想のアイテムやコーディネートを取り入れてみてはいかがでしょうか?
pickssを使ってみる

TOP