likes.

足が太めな女性のNGコーデと足を細く見せるおすすめのコーデまとめ

「足が太くて服選びが難しい」「足が細く見えるコーディネートが知りたい」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。この記事では、足が太めな人はさけたいコーデや、足が太いと悩む人におすすめなパンツ、スカートのコーディネートを紹介。また、足を細く見せるための色や素材についても解説しています。

足が太めな女性のNGコーデ

足の太さをカバーできる服、足が細く見えるコーディネートを知るために、まずは足の太さが目立ってしまう服装を理解しましょう。

・下半身のシルエットが出やすい細身のパンツ

代表的なのが「スキニーデニム」です。最近はストレッチ加工のものが多く、ボディにフィットする分、脚のラインが出やすくなってしまいます。

・ふくらはぎを強調してしまうミモレ丈スカート

女性らしさを演出するのにぴったりなトレンドの「ミモレ丈スカート」ですが、ちょうどふくらはぎの位置に裾がくるため、ふくらはぎのラインに目が留まりやすくなります。
特に“ししゃも脚”のような、筋肉がついたふくらはぎにお悩みの方は避けたほうがよいデザインです。

・足を太く見せてしまう大きな柄物のパンツ

黒を着ると引き締まって見えるように、色や柄によっては逆に太って見えてしまうこともあります。特に大きな柄のデザインは、柄が伸びることによって足の太さを強調してしまうため、避けたほうがベターです。

・膨張して見える淡い色のパンツ

先ほどもご説明したように、体のラインは色によって見え方が違ってきます。引き締まって見えるカラーと、膨張して見えるカラーがあります。特に白やパステルカラーなどはふんわりとした印象に見せる膨張効果があり、パンツで取り入れると足が太く見えてしまう可能性が高いので注意しましょう。

それでは次は、足の太さが気になる方におすすめのアイテムやコーデ術をご紹介します。

足が太めの女性におすすめのパンツとスカートのコーデ

まずは足のラインが出やすいパンツ選びから。細見え効果のあるアイテムやサイズ感を知って、スタイルUPな着こなしを目指しましょう。

《サイズ選び》

・サイズ選びが大切

基本的なことですが、“サイズ選び”が一番重要になります。サイズが小さすぎるとぱつんぱつんに太って見えたり、大きすぎても余計に足が太く見えてしまうことがあります。

・サイズ選びのポイント

細身のパンツの場合は、自分の足の一番太い部分に合ったサイズを選びましょう。太ももやヒップに合わせるとウエストがゆるい場合がありますが、これはベルトでカバーすることができます。太めのシルエットのパンツは足の太さではなくヒップラインにフィットするものを購入するのがおすすめです。

《細見え効果のあるパンツのテクニックとアイテム》

・ロールアップ

主にデニムパンツで用いられる裾をくるくるっと上げるスタイリング。ロールアップして華奢な足首のラインを強調することで、脚全体がほっそり見える効果が期待できます。

・ワイドパンツ

昨年ぐらいからトレンドのワイドパンツ。文字通りワイドなシルエットで足のラインをすっぽりカバーできるため、足の太さが気にならなくなります。アンクル丈のワイドパンツは華奢な足首が出るため、ロールアップと同様の効果が演出できます。

・バギーパンツ

ワイドパンツ同様、足のラインをカバーできるバギーパンツ。すとんとしたシルエットが多いワイドパンツに対し、バギーは裾に向かって広がるボリュームのあるシルエットが多いのが特徴です。

・テーパードパンツ

腰のあたりがゆったりとしており、裾に向かって細くなるテーパードパンツ。
自然に美しいレッグラインを描いてくれるので、すっきりと履きこなせます。

《細見え効果のあるスカートのテクニックとアイテム》

足のラインが出るスカートは、足の太さを気にする方にとってはちょっとというよりはきたくないですよね。でもアイテム選びさえ間違えなければ、スタイルUPと女性らしさを同時に味方につけることができます。

・足が太めの女性のスカート選びは丈がポイント

足の太さが気になる方にとって重要なのは、スカートの丈感。裾が足のどこのラインにくるかによって、確実に印象が変わってきます。

・フレアスカート

ふわっとしたシルエットでフェミニンな印象のフレアスカート。足の太い部分を隠せるのと同時に、裾が広いことで足のラインをごまかせるのが嬉しいポイント。スカートの長さは膝丈がおすすめです。

・ロングスカート

足のラインをすっぽりカバーできるロングスカートもおすすめ。タイトなシルエットのものよりはフレアや巻きスカートデザインなど、ボディラインに沿わないものを選ぶとgood。

・ワンピース

ワンピースは胸下で切り替えのあるデザインを選ぶとスタイルUPがかないます。ウエストラインが高く見えるようになり、足長効果が期待できるのが大きなポイント。またフィット&フレアのシルエットのものを選べば、メリハリのあるボディラインを演出でき、足の太さが目立たないスタイリングに仕上がります。

細見えするパンツとスカート選びのコツを解説しましたが、他にも重要なポイントがあります。それは「色」と「素材」。選び方を間違ってしまうと足の太さを強調してしまうため、合わせて正しい選び方を知っておきましょう。

足を細く見せるための「色」と「素材」の選び方

ずばり足が細く見える色は、「濃い色」と「寒色」です。色でいうとブラック、ネイビー、ダークブラウン、ダークグレーなど。濃い色や寒色は“収縮色” と呼ばれ、すっきりと細く見える効果のあるカラーとして分類されます。

色と同じく気をつけたいのが「素材」選び。
「ハリ」「落ち感」「光沢感」この3つを意識すると、失敗しにくいので覚えておきましょう。この3つに共通するのは“肉感”を拾いにくい素材であること。
肉感を拾いにくいから足のラインが出にくく、すっきりと履きこなすことができます。

ボトムスだけでなくタイツやストッキングに取り入れるのも効果的です。

ここまでアイテム単体の注意点をご紹介してきましたが、トップスやシューズの着こなしで足の太さをカバーする方法もあります。実際にどのようなコーディネートが効果的なのか、見ていきましょう。

足を細く見せるためにはトップスやシューズの着こなし方も重要

足の太さのカバーとなると下半身のスタイリングに囚われがちですが、トップスの着こなし方を変えるだけでも、すっきりとした印象を演出できます。

・上半身に淡い色、下半身に濃いカラー

先ほどご紹介したような収縮色のボトムスに対し、上半身は明るいカラーのトップスを選ぶことでメリハリが生まれ、足のラインがすっきりと見えます。

・フィット&フレアのAラインを意識

上半身はぴたっと、下半身はふわっと広がった、Aラインのシルエットを意識すると自然と足のラインをカバーできます。具体的にはトップスはボディラインに沿ったものですっきりとウエストIN、ボトムスはフレアスカートを合わせるのがおすすめです。

・ロング丈カーディガン&アウターでカバー

太ももやお尻など気になる部分をカバーできるロング丈は、縦ラインを強調できるため、足を細く長く見せる効果があります。隠そうと思ってボタンをすべて閉めてしまうとバランスが悪くなるため、自然にさっと羽織る程度がgood。

《パンプス》

足を細く演出するアイテムとして最も効果的なアイテムが、シューズ。スニーカーやパンプスなど種類別に、選び方のポイントをご紹介します。

・ヒール

美脚を演出するならヒールは細く、7cm以上の高さが理想的。すらっとしたラインを演出できます。

・デザイン

ラウンドよりはポインテッドトゥデザインがおすすめです。つま先のシャープな印象で足をすっきりと見せられます。ヒールではなくフラットパンプスの場合は、特に効果的です。

・色

とにかく足を長く美しく見せたいなら、素肌に近いヌーディーカラーをチョイス。ミニスカートであれば太ももから足の甲までが一つのラインで繋がるため、脚長効果が生まれます。

《ブーツ》

・デザイン

足首が見えるショート丈の場合は、履き口に余裕があるシルエットがおすすめ。すっきりとした足のラインを演出できます。逆にロング丈の場合は、ぴったりとしたシルエットのほうがすっきり見えます。

・カラー

素足や肌色ストッキングで履く場合は、素肌に近いベージュなどのヌーディーカラー、タイツに合わせる場合は、濃い色を選ぶのがおすすめです。

《スニーカー》

・インソール

フラットのスニーカーは、インソールで足を長く見せられるデザインを選ぶと◎。インソールが薄い場合は、インヒールソックスなどを活用する方法もあります。また、インヒールスニーカーを選ぶことも一つの手です。

・デザイン

ハイカットよりはローカットを選ぶのが正解。足の中で一番華奢な足首を見せることで、すっきりとしたラインを演出できます。

悩みに合わせてコーディネートしてくれるスタイリングサービス「pickss(ピックス)」

NGコーデや足を細く見せるスタイリング術はわかっても、なかなな自分でコーディネートを実践するのは自信がない、失敗したくないという方も多いはず。そこでおすすめなのが、プロのスタイリストが選んだ洋服が自宅に届くサービス「pickss」です。
身長や体重、自分の好みやお悩みなど、登録時に入力したデータに基づき、プロのスタイリストがあなたに似合う洋服をコーディネートしてくれます。
届いた洋服は自宅にいながら試着が可能なのが嬉しいポイント。試着してあなたの気に入ったアイテムを購入できます。

まとめ

足の太さが気になる人には、収縮色である濃い色や寒色、そして足のラインをカバーできるフレアスカートやワイドパンツなどのアイテムが効果的であることがわかりました。またメリハリのあるトップスの着こなしや、美脚を演出するシューズの合わせ方も、重要なポイントです。
足の太さが気になる場合ついダイエットを連想してしまいますが、ダイエットは効果が出るのにある程度時間がかかります。足が細く見えるデザインや色を理解し、スタイリングに気をつければ、今すぐのスタイルUPも夢ではありません。取り入れた者勝ちです。
アイテム選びやコーデに自信がないという方は「pickss」を使って、賢く細見えがかなうファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか?
pickssを見てみる

TOP