likes.

彼女におしゃれでいてほしい!女性のダサい服装の特徴と改善方法

デートのときに「あれ?俺の彼女ダサいかも」「これ、流行りなのかな?」と疑問に思ったことはないでしょうか。おしゃれは流行りや個人の感覚によって左右されるため難しいですが、一般的にダサいといわれる服装はあります。当てはまってしまったらやはり、あなたの彼女はダサいのかもしれません…。周りの目もあるし、自分の彼女にはおしゃれでいてほしいですよね?そこで彼女の服装のダサさを一気に解決する方法を紹介したいと思います。

女性の服装っておしゃれなのかダサいのかわからない!

待ちに待った彼女とのデート。現れた彼女の服装を見て、こんなふうに思ったらその女性は残念ながらダサいのかもしれません。

(1)いつも同じ服を着ている気がする

おしゃれな女性は着回しが上手なもの。ぱっと見、いつも同じ服装の女性はファッション偏差値が低いと思われます。ファッションにあまり興味がない女性は、自分にしっくりくるアイテムがあると、似たような服を買ってしまう傾向にあるようです。

(2)個性が強すぎて街中で浮いている

待ち合わせに現れた彼女の服装を見て、あきらかに周囲から浮いているとギョッとしたら、残念ながらダサい彼女と言わざるを得ません…。例えばルーズすぎる服装、コスプレかと思うほどの世界観の格好などなど。個性は大切ですが、あまりに強烈なスタイルは避けてほしいですよね。

男性が思う「おしゃれ」と「ダサい」について

あきらかにダサいといえるファッションならまだしも、今のトレンドはおしゃれとダサさの境界線が曖昧なものが多いですよね。そこで男性目線で「流行ってるけど、これっておしゃれなの?」と思う、判断の難しいファッションやアイテムをその理由と一緒にいくつか挙げてみました。あなたも街中で見るこんなスタイル、気になっていませんか?

サロペット

別名オーバーオール。最近はシャツなどを合わせて大人カジュアルに着こなすのがトレンドですが、着る人のセンスが問われるため、ダサさとおしゃれさが紙一重なアイテムです。

スカート&ワンピースにデニムのレイヤード

ひと昔前にレギンスをスカートに合わせるおしゃれが男性たちに物議をかもしましたが、ここ最近はロングスカートやワンピースにスキニーデニムをレイヤードするのがトレンド。着こなしのバランスが成功すれば最高におしゃれですが、一歩間違えれば制服にジャージをINしたような野暮ったさが出てしまいます。

ヘアターバン&バンド

ヘアアレンジのひとつとして取り入れることでぐっとコーデのおしゃれ度がUPするヘアターバン&バンド。でも付け方を間違えると、運動会のハチマキに見えてしまう恐ろしい事態に。うかつに手を出せないアイテムの1つです。

いくつか挙げてみましたが、おしゃれとダサいはまさに紙一重。女性と男性の感覚的な違いもあり、結局のところはっきりと判断することは難しいですよね。

ダサい服装の特徴

では実際に、世間の男性が「彼女がダサい」と感じた服装を見てみましょう。あなたの彼女は当てはまっていませんか?

ヨレヨレ、しわだらけの服

おしゃれに気を遣う女子力の高い女性は、服のお手入れまできちんとしているもの。毛玉がついていたり、ヨレヨレやしわだらけの服は、ダサいを通り越して“清潔感”さえありません。思わず整理整頓がされていない部屋を想像していまいます。

ジャージやスウェット

あきらかにルーズで部屋着感のあるジャージやスウェット。最近はトップスやアウターとして着こなすトレンドがありますが、上下セットで着ている女性は要注意。
デートに対してのやる気をまったく感じない服装です。

原色でとにかく派手

ぱっと見がとにかく派手な服装も、ダサさに繋がりかねないファッション。特に原色系のアイテムは派手すぎて、“大阪のおばちゃん”を感じるコーディネートに仕上がります。

体型に合っていない

あきらかに服がきつそう、お腹が出ているなど体型に合っていない服装もダサさの元凶。
ファッションは全体のバランスが命なため、自分の身長や体型に合ったアイテムを見極めるのも、おしゃれを演出する大切なプロセスです。

ひと昔前で古い

おしゃれな人は程よくトレンドを取り入れるのが上手。逆に、ひと昔前で流行が止まっている女性はどうしてもダサく見えてしまいます。ワンピースにレギンスや、柄デザインのスキニーパンツなどなど。トレンドを取り入れることはおしゃれの大切なテクニックではありますが、時が止まってしまっているとダサさが加速してしまいます。

彼女のダサい服装を改善させよう!

ファッションに興味を持たせよう

では、残念ながら彼女がダサいと判明した場合、さりげなくファッションを改造するにはどうしたらよいのでしょうか?おしゃれに無頓着な彼女への効果的なアプローチを紹介します。

(1)一緒に雑誌を見て興味が湧くよう誘導する

そもそも服装に無頓着な女性は、ファッション誌をあまり読みません。興味を引く最初のアプローチとして、彼女と一緒に人気の雑誌を読んでみましょう。

(2)好きなブランドや服装を伝えてみる

雑誌を見ながら「この服装、◯◯ちゃんがしたら絶対可愛い!」と彼女を褒めつつ、うまく誘導してみましょう。好きな相手にすすめられると、挑戦してみようかなと女心をくすぐられるはずです。

買い物中に一緒に選ぼう!

下準備が終わったら、一緒に買い物へ行って洋服を選んでみましょう。実際の買い物デートで使えるテクニックをお届けします。

(1)基本は彼女にお伺いを立てるスタイルで

彼女に着て欲しい服を見つけたら、「これはどうかな?」とさりげなく感想や意見を求めてみましょう。自分の意見ばかり押しつけてしまうと“彼のいいなり”になっているように思えて、彼女のプライドや自尊心が傷ついてしまいます。

(2)試着後は必ず褒める

試着して欲しいアイテムがあったら「着て見せて欲しいな」とおねだりしましょう。彼氏のおねだりに、着こなす自信がない一着でも思わずOKしてしまうはず。試着が終わって彼女が出てきたら「似合ってる」や「可愛い」など、まず褒めましょう。大切なのは彼女の洋服に対する“やる気”や“自信”を引き出すことです。

好みの洋服をプレゼントしよう!

思い切って自分の好みの洋服をプレゼントしてみるという方法もあります。大好きな彼氏からのプレゼントを喜ばない女性はいません。
ただしプレゼントする洋服を選ぶためには、まず彼女のサイズを把握すること、さらに全身コーデとなるとそれなりの予算が必要になります。さまざまな労力を考えると、なかなか大変だぞと感じる方もいるのではないでしょうか?

「自分でやるのはなかなか大変」そんな人は必見!「airCloset」の洋服レンタルサービス!

服装がダサい彼女をおしゃれにするには、その場しのぎの対策ではなく、根本的な改造が必要になります。そこで利用したいのが、プロのスタイリストが自分に似合う洋服を選んでくれる「airCloset(エアークローゼット)」という定額制のファッションレンタルサービス。1点1点届くアイテムにスタイリストからコーディネートのアドバイスをもらえるので、実践しながらおしゃれのバランスを学べます。「airCloset」には彼から彼女、夫から妻へとプレゼントするのにぴったりなギフトサービスもあるので、ぜひ贈ってみてください。1カ月〜12カ月、お好きなプランを選ぶことができるので、お試し感覚で気軽に利用することができますよ。

まとめ

最後にダサいと思われる服やその改善方法についておさらいしましょう。

・ダサい人は「いつも同じ服を着ている」または「個性が強すぎる」
・男性がおしゃれだと判断するのが難しいアイテムは
「着る人のセンス問われ、着こなし方が難しいアイテム」
・ダサい服の特徴は
「清潔感がない」「部屋着感がある」「派手な色」「体形に合っていない」「ひと昔のトレンド」
・彼女のダサい服装を改善する方法は
「ファッションに興味を持たせる」
「買い物中に一緒に選ぶ」
「好みの服をプレゼントする」
・服がダサい彼女を本気でおしゃれに生まれ変わらせたいなら「airCloset」

一緒に雑誌を見る、買い物へ行くなど、彼女のダサい服装を改善するための解決策は何点かありますが、それでは手間もお金もかかってしまいます。そこまでの労力はかけられない…という方にこそ「airCloset」はぴったりなサービスです。賢くプロの手を借りて、お2人で末長く幸せになってくださいね。

airClosetを見てみる

TOP