likes.

【若く見られたい女性必見】見た目が若い女性の特徴と実践法まとめ

女性はいくつになっても見た目の若さを保ち続けたいものです。しかし、年齢を重ねていくと他の人から「あの人おばさんっぽい...」「なんか服装がやぼったいなあ」なんて思われる。この記事では、女性がいつまでも自分の見た目の若さを保ち続けるための方法を紹介します。

見た目が若い人の特徴

ある程度年齢を重ねたとき、多くの女性が抱く“若く見られたい”という悩み。では一般的に“若く見える女性”にはどのような特徴がある人なのでしょうか?

(1)髪・肌にツヤがある

年齢が若く見える方の特徴として一番に共通するのは、やはり髪や肌の美しさではないでしょうか。髪の毛はツヤがあり、メンテナンスが行き届いているとそれだけで若々しい印象に見えますよね。また肌も同じく、乾燥していない滑らかなでツヤヤかな質感だと、年齢よりぐっと若く見えます。

(2)ファッションセンスがあり、着ている洋服にバリエーションがある

ある程度年齢を重ねると、自分に似合う洋服を理解していることが最大の武器になります。センスがよい=自分に似合う服を知っているといっても過言ではありません。またオシャレで若々しく見える女性は、服装がワンパターンではないことが多いもの。TPOに合わせた着こなしを心がけ、いつも新鮮な自分を演出しています。

(3)メイクが濃すぎない

トレンドは年々ナチュラルメイクの志向が強くなっています。シミやしわなど肌の粗を隠そうとメイクを濃くするほど、老けた印象になります。そのため、若々しく見せたいなら、ナチュラルメイクを心がける必要があります。

見た目が若い人が行っている髪をきれいに保つ方法

若く見える要素の一つである美しい髪。実際にどういった対策方法を取れば、髪のツヤを維持できるのでしょうか?

(1)シャンプーを正しい方法で行う

意外と知らない人が多い正しいシャンプー方法。まずシャンプー剤をつける前に、お湯のみで1〜2分“予洗い”をして頭皮についた汚れや古くなった角質を落とします。これにより、少量のシャンプーで簡単に泡立つため、皮脂を落とし過ぎずに髪のツヤを保つことができます。なお、予洗いをするときは38〜40℃が適温。湯温が熱すぎると髪の毛を傷める原因になります。この予洗いで汚れの約8割が落ちるといわれています。

(2)毛先を傷めないようにプラスのケアをする

毛先は髪の毛の中で一番傷みやすい部分です。傷んだ毛先には保湿ケアが必要。シャンプー、コンディショナーの後に週1〜2回定期的にトリートメントを行いましょう。またドライヤー前に毛先用のオイルや洗い流さないタイプのトリートメントを塗るのもおすすめです。

(3)ドライヤーで正しく乾かす

自然乾燥が一番髪の毛によくない行為だと知っていますか?

濡れた髪を放っておくと雑菌が繁殖しやすいうえ、髪のツヤに必須なキューティクルが剥がれやすくなってしまいます。
しっかりとタオルドライで水分を取った後、頭から15cmほど離した距離からドライヤーをかけるのが理想です。最後に冷風で仕上げると、キューティクルが引き締まり、ツヤがUPします。

見た目が若い人が行っている、肌をきれいに保つ方法

髪の毛同様、きれいな肌は若々しく見える最大のポイント。それでは具体的に心がけたい美肌キープの方法をご紹介します。

(1)紫外線対策

美肌の一番の敵は何といっても紫外線。紫外線はシミはもちろん、しわの原因にもなります。紫外線は一年中降り注いでいるので、夏以外でも日焼け止めをしっかり塗って対策をしましょう。また目から浴びた紫外線も肌に影響があると科学的に実証されているので、日差しの下を歩く際はサングラスをかけることをおすすめします。

(2)肌の保湿

肌が乾燥するとバリア機能が低下して、外部からの刺激に弱くなり、さまざまな肌トラブルを引き起こしやすくなります。また美しい肌に必須である正常なターンオーバーも乱してしまいます。その結果、シミの原因になるメラニンがはがれ落ちず肌に残ってシミになることも。化粧水や乳液などでしっかりとベーシックなスキンケアを行いつつ、肌の乾燥を感じたときは、マスクなどのスペシャルケアも導入しましょう。

(3)ビタミンを摂取

美しく健康的な肌を保つためにはビタミンの摂取が必要不可欠です。特にビタミンCは体内で生成することができず、外から摂取する必要があります。バランスのよい食生活はもちろんのこと、十分なビタミン量を摂取するには、ビタミン剤を取り入れるのもおすすめです。
外側だけではなく内側からもケアをすることで、老けて見られる原因のしわやシミを防ぐことができます。

見た目が若い人が行っているファッションの心がけ

髪や肌はもちろん、若く見られる人に共通しているのは、オシャレなファッション。
では具体的にどういった服装が若々しく見えるのでしょうか?

(1)いつも同じ服を着ない

これはどの年代でも共通していえることですが、いつも同じ服を着ている人はなんだか清潔感を感じず、オシャレに見えません。特に年齢を重ねて自分の好みが偏ってきてしまうと起こりがちな現象なので注意しましょう。

(2)自分に似合った服を着る

冒頭でもお話ししましたが、年齢を重ねてオシャレに見える女性は、自分に似合う服を知っている人です。客観的に自分を見ることも必要なため、ファッションセンスに自信がない方はうまく実践できない場合もあるかもしれません。その場合は、ショッピングの際に第三者に見てもらったりアドバイスをしてもらうことも大切です。

(3)年相応の服を着る

どんなにオシャレでも年齢に不相応であれば、派手さや下品さを感じてしまいます。丈が短いスカートや胸元が開きすぎた露出の多い服、フリルやレースのいっぱいついた可愛い服などは「若作り」な印象になります。そのためスカートの丈感や派手な装飾のない服など、注意して選ぶことが必要です。

(4)上品な服を着る

年齢を重ねた女性を美しく魅せるポイントとして重要になる上品さ。ぱっと見たときの好印象につながりやすく、どんなシーンでも恥ずかしくない上品な服装は、女性を若々しく演出してくれます。

見た目が若い人が行っている、さまざまな方法

髪、肌、服装は基本的な部分であり、これ以外にもまだまだ“見た目を若く”見せる方法はあります。ここからは基本にプラスして、ぜひ取り入れたい方法をご紹介します。

(1)筋トレをする

直視したくない現実ですが、年齢を重ねると段々とボディラインが変わってきます。筋力トレーニングで気になるお腹周りやヒップをすっきりさせる運動を取り入れましょう。特に後ろ姿がすっきりしていると、洋服もきれいに着こなせます。

(2)姿勢をよくする

こんなに基本的なこと?と感じた方もいるかもしれませんが、実は姿勢をよくすることでさまざまなメリットがあります。たとえば、良い姿勢で骨盤や肩の高さが均等になることで筋肉や各関節に余計な力が入らず、コリや痛みが解消されたり、姿勢をよくして食事をとると、消化がよくなるといわれています。背筋がピンとした女性は、それだけで美しく見えます。

(3)明るい発言、笑顔を心がける

いつもポジティブでいる女性はそれだけで魅力があります。どんなに忙しくても疲れていても笑顔を欠かさないことで、自分自身が自然と明るい気持ちになるうえに、話しかけやすい印象になって周囲からの見え方も変わります。

(4)メリハリのある生活を心がける

いつも素敵な女性ほどON・OFFのメリハリをきちんとさせています。例えば疲れて帰ってきた日はゆっくりとお風呂に浸かってきっちり疲れをリセットする、そうした小さな心がけを重ねることで、いつもポジティブで若々しい自分を維持できます。

すぐに効果が現れる方法は「ファッションを変えること」

ここまでいろいろな方法をご紹介しましたが、見た目を若く見せる方法として、一番身近で簡単な方法はファッションです。
髪や肌と違って、改善するまでの時間がかからないうえに、継続しないと効果が現れないなんてこともありません。今すぐ若々しく見られたいと思ったら、まず服装から変えてみましょう。
でも若く見える服装の条件は、“自分に似合う服を知っていること”。これは意外とハードルが高いと感じる方が多いのではないでしょうか?

見た目を若く見せる服装を知りたい人に「airCloset」がおすすめ

そんなお悩みを持つ方にぴったりなのが、年齢や体のサイズで、自分の好みに合わせて、プロのスタイリストが似合う服を提案してくれるファッションレンタルサービス「エアークローゼット」。

送料無料で返送期限がなく、洗濯の必要もないので、忙しい女性も安心して利用できます。若々しく見えるための条件である、“自分に似合う服”を客観的に見つけてくれるから、ファッションセンスに自信がない方も手軽に若く見せられる理想の着こなしに近づけます。

まとめ

若く見える女性は、外面だけではなくちょっとした仕草や発言にも魅力があるものです。
最後に若く見える方法をおさらいしましょう。

(1)容姿

髪、肌はツヤのあるきれいな状態を保つ。保湿や正しいお手入れを心がけましょう。
姿勢をピンと伸ばす意識をして、ほどよい筋トレで洋服が似合う体型に。

(2)服装

自分に似合う、上品で年相応の服装に。いつも同じ服は着ない。

(3)内面や仕草

メリハリのある生活を心がけ、笑顔やポジティブな発言をキープ。美しさは一日にして成らず、若く見える女性はいつも陰ながら努力をしています。

まずできることからコツコツ、自分を磨いていくことが大切。まずは「airCloset」で、ファッションから自分を磨いてみてはいかがでしょうか?

airClosetを見てみる

TOP